ガレージハウスは、住居とガレージが一体に造られた住宅のことで、1階部分がガレージと玄関等のスペースで、2階以上が居住スペースと言う構造の住宅です。地方の土地が広く取れる地域では、こうした構造の住居は少ないですが、都心部では土地の有効利用の点からこうしたガレージハウスが増えつつあります。戸建住宅でガレージハウスを建てる場合には、間口を広くして1階にも部屋を設ける事は可能ですが、賃貸となると間口が狭く、1階はガレージと玄関と奥に1部屋程度で、2階がメインの生活スペースと言う構造が一般的となります。とくに車好きの人にはガレージハウスはおすすめです。賃貸のアパートやマンションの場合は屋外駐車場であることも多いのですが、一戸建ての賃貸の場合にはガレージハウスを選択することもできます。ガレージハウスは、車好きの人や車を大切にしたいと考えている人に多くのメリットがあります。一番のメリットは、大事な車をキレイな状態で保つことができること。雨だけでなく紫外線やほこり、台風などの影響もシャットアウトすることができるので、洗車回数を減らすだけでなく車を傷めるリスクから守ることができます。また防犯の面でも安心です。車にイタズラをされたり盗難にあったりという心配がありません。故意ではなくても、子どもが遊んでいるボールが当たって傷ついたりなどというリスクもないので安心感が違います。物件によっては居住スペースから愛車を眺めることができる構造になっている物件もあります。さらに賃料の面でも別途駐車場を借りるのにかかっていた費用が必要なくなるわけですから、その分、住居にかかる賃料が多少増えたとしても結果的にはコストダウンできる可能性もあります。さらにガレージハウスに住むと雨の日の車の乗り降りや荷物の積み降ろしが便利という点もメリットです。雨に濡れることがないので、小さなお子さんがいる家庭やペットを連れての外出が多い方、頻繁に車に荷物を積み下ろしする方にはとても便利です。しかし、デメリットもあります。1階の居住スペースを削ってガレージを造るため、どうしても居住スペースが狭くなる点です。特に賃貸では、部屋数が少ない物件となってしまうのが大きなデメリットです。それでも夫婦2人といった小家族や居住スペースが少なくなったとしても車の乗り降りが楽なほうが良いという方であれば、ガレージハウスに住むという選択肢も視野に入れてはいかがでしょうか。

お家の見直ししま専科内職 アルバイト英語上達の秘訣ダイエットチャレンジ健康に役立つ口コミ情報クリニック集客ノウハウマッサージのリアル口コミ.com女性向けエステ.com