自宅倉庫を趣味の部屋としてDIYへ

家は商店を営んでまして、在庫を仕舞っておける倉庫があります。しかしいつの頃からか開かずの倉庫となっており、手つかずの状態が続いておりました。ある時ガレージの専門雑誌を書店で立ち読みしていて、そういえば自宅の倉庫使えるんじゃないのかと思いついたのです。それから片付けの日々、ホコリまみれの不必要なガラクタが溢れかえており、軽トラ3台分くらいの量を処分してスペースを確保することに成功しました。片付くと結構広いものでいろいろな想像が掻き立てられました。でもはじめから目的はひとつ、趣味のバイク弄りの空間として活用することです。工具などを置ける棚はホームセンターで資材を手に入れDIYで作製。その他にも休憩できるような小上がりも作り、テレビやソファなども持ち込んでくつろげるように仕上げました。現在では自分の部屋で過ごすよりも、倉庫内で過ごす時間の方が圧倒的に長いくらい、ここに入れば仕事の疲れも吹っ飛びます。