私が大阪の賃貸物件を退去するとき、クリーニングや修繕の費用として原状回復費の支払いをしなければならない場合がありますが、私の場合も結構な金額を支払う羽目になりました。その物件は1Kのアパートで、5年ほど住んでいたのですが、退去時に9万円ほど原状回復費を請求されてしまいました。敷金を6万円(家賃2ヵ月分)納めていたので、新たに支払う金額は3万円ほどでしたが、9万円という金額には正直言って驚きました。その内訳はフローリングの修繕費や仕切り扉の取り換え、そしてクリーニング費用などです。しかし、そこまで酷い使い方をしていたわけではなかったので、その金額にはあまり納得がいかなかったのですが、その時は賃貸というのはそういうものだろうと思って渋々お金を支払ったという次第です。ですが後になって調べてみると、本来は、普通に生活していても発生する「経年劣化」についてはその修復費用を支払う必要がないことを知りました。自分の件もそれに当てはまっている部分があったかどうか分かりませんが、今度賃貸を退去するときは、経年劣化のことにも注意しようと思います。