貸倉庫などの事業用物件を含め、住宅の賃貸物件での退去時などに心得たい所は傷ついた床や壁などです。
特に床を大きくえぐる様に傷つけてしまった時は、どうしようか迷うでしょう。
そんな時は、ホームセンターや100均で売っている床の修復チョークを使ってみましょう。
使い方は床の色と同じような色を購入して使うだけです。
その時にチョークの色が床とマッチしなくとも大丈夫です。
仕上げにアクリルの絵の具で上から塗れば問題ありません。
また、こんな裏技もあります。
それが簡単な方法で、シッカリと床を修復した後に水に一回漬けた色鉛筆で修復した所をなぞることです。
そうすると良い具合に床に溶け込んで目立たなくなります。
また、壁の修復なども同じように小さな穴が開いていつところがあれば、100均で売っている修復キットを使うと入居時のままの状態で見た目がスッキリします。
しかし、壁の黄ばみは拭きとって汚れを落さなくてはいけません。
そうした時に役に立つのが重曹の入っているウエットティッシュなのです。
または、中性洗剤を使い何度か壁を拭き取るといいです。
この時に注意したいのが、むらなく拭き取ることです。
その為に、拭き取る前の壁を写真に写してから作業にかかるといいです。
そうすれば確認しながら原状回復に近くなります。