普段使いだけじゃもったいない!引越し時の短期利用にも使える貸倉庫

こんにちは。
独身、サラリーマンで転勤族ということもあり、今までに10回以上の引越しを経験しました。
この世で、荷造りほど嫌いなものはなく、後回しにし過ぎて、退去日当日までダンボールに詰めていたという経験のある私ですが、つい最近も転勤があり、県外へ引越しをすることとなりました。
「今回こそは早めに引越し準備をしよう」と心に誓い、せっせと荷造りをしていたところ、
会社から驚きの一言が・・・
「キミ、転勤先の担当者が3月で退職となるそうだから、2月末にあっちにいって引継ぎしておいてよ」
そう、私の荷造りスケジュールは見事にくずれ、また引っ越し準備が間に合わなくなるという衝撃のお告げがありました。
そんな時、引っ越し先の近くの看板に「貸倉庫!1ヶ月等の短期間の荷物の保管に」という看板を見つけました。
「このままでは、引越しが間に合わない。近いし、休みの日にここから持ってくればいいし・・・」
すぐに看板に記載の、電話番号に電話をし、管理会社へ説明を聞きに行きました。
「長い期間使っていただけるとフリーレント等がついて更にお得ですよ。」
「この時期出入りが多く、2畳タイプのものしか空いていなくて・・・」
ということで、私は2畳タイプの(大型バイクも余裕で入る)貸倉庫を借り、ほとんどの荷物をただプラ箱に詰めてガムテープで止めるという強硬手段を用いて、引越し会社のトラックで貸倉庫まで運んでもらいました。
(引越し屋のお兄さんいわく、階段もなく、ただ奥から詰め込んでいけばいいだけだから楽だったとのことでした。)
〇更新の時、次の部屋の入居日と期間が空いてしまうとき。
〇引越しの断捨離で、次の部屋に持っていけないけど、捨てられないものがある時。
〇ちょっとだけ大きな荷物を預かったとき。